フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ

ホームページリンク

« くらしのあかり | トップページ | アグレ大泉学園 アルタヴィスタ 全14邸 »

2016年6月24日 (金)

子どもを育てるリビング

.







梅雨、真っ只中ですが、皆さまいかがお過ごしですか。




本日は、ただ今計画中の、
リビングについて、ご紹介したいと思います。
 

リビング(Living)は、直訳すると“生活”、“暮らし”。
日本語では“居間”と訳され、家族の”団らんの場”であり“くつろぎの場”ですが
小学生までのお子様は、眠りにつくまでの時間のほとんどを
リビングで過ごすことが多いのではないでしょうか。

リビングは、家族の団らんだけでなく子育てする上でもとても重要な空間です。
そこで今回の物件では、 “子どもを育てるリビング” をキーワードとして、
リビングに “小上がり畳コーナー” を設けました。






S000010630_21

                                        画像は、イメージであり参考画像です。                                                



リビングに隣接した畳コーナーでは、

お子様の遊びの場、お昼寝の場として使用することができ、
LDKと一続きであるため、LDKで過ごすご両親の気配を感じながら、
お子様は安心してお過ごしいただけます。

また、ママにとっては畳コーナーで洗濯物を畳んだり、
アイロン掛けやお裁縫などの家事を行う場にもなります。


さらに、畳コーナーの床を約30㎝高くし
下部を全面収納
となっていることがポイントです。

リビングには、お子様にまつわるモノがあふれています。
玩具等は数も多く、大きく、形もいろいろとあるため、
かさばってしまい整理しきれません。







Fullsizerender_3



お子様が乳児期の頃は、おむつ、おしりふき、ガーゼ、お昼寝のためのブランケット、
タオル、着替え、肌着、おもちゃ、体温計、その他多くのモノを必要として使用しています。

これらを、リビングに集約して収納できれば、
お子様の育児と家事の効率がUPするはずです。
 

幼児期になると、知育物や玩具等も増えてきますが
畳コーナーに大容量の収納があることで、整理することができます。
また、お子様が成長された際は、ご両親の目の届くリビングに収納がきちんと確保されているため、
自分で収納するクセがつき、自然と躾をすることができます。


                    畳コーナー前面Photo



              畳コーナー上面2


お子様のもの以外にも、アイロン、加湿器などの家電、DVD、アルバムなど、
いろいろなものを収納することができますから、
リビングをすっきりと片づけることが可能です。




リビング続きの和室や畳コーナーには、扉を付けて隠したい、、
とおっしゃる方もいらっしゃいますが、扉を付けてしまうと、
いつの間にか物置として使用され、せっかくリビングに隣接して設けた和室が、
物置として潰れてしまうことがあります。
今回は、あえて扉を設けないオープンな空間とすることで、
家族みんなに片づけの習慣がつき、
リビングを広々と使っていただけるような設計としました。
 


以上のように、今回の物件では、お子様がリビングでお過ごしになること、
お子様の育児と家事を両立すること、を意識してプランニングを行いました。
 

このように、アグレ都市デザインでは、各設計が、
物件ごとにお住まいになるお客様の生活を想定しながら、
日々プランニングを行っております。

ぜひ一度、アグレ都市デザインの家をご覧いただければと思います!




プロジェクトデザイン部  松村 早佑美





« くらしのあかり | トップページ | アグレ大泉学園 アルタヴィスタ 全14邸 »

◆1. 設計について◆」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1644595/66185520

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもを育てるリビング:

« くらしのあかり | トップページ | アグレ大泉学園 アルタヴィスタ 全14邸 »