フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ

ホームページリンク

« 2015年1月 1日 (木) | トップページ | 2015年1月20日 (火) »

2015年1月 9日 (金)

2015年1月 9日 (金)

玄 関

.
住宅に入るために、必ず通る《玄 関》ですが、
調べて見ると深い意味があるのをご存知でしょうか。


1_3


本来、玄関とは、書院や茶室の入口のことで
住居の一番良い造り、一番の心の和むところ、
書院とかそういうものに使われていた言葉だそうです。
そして禅寺を真似た身分の高い公家の屋敷や武家屋敷に玄関が見られるようになり、
家の格式の高さを表わすシンボルとなっていきました。


2_2

江戸時代までの農家や町屋など庶民の家は、
戸を開けたらすぐに部屋(土間)という間取りで、
玄関というほどの空間はありませんでした。  
江戸時代が終わり身分制度が廃止されると、
武士以外には禁じられていた玄関や門が庶民の家にも登場しはじめ、
かまどや流しを置く、台所を兼ねた玄関が見られるようになります。
この頃、「玄関=建物の出入り口」という現在の意味が定着したそうです。

もともと、玄関というのは仏教用語の一つであり、中国《老子》の「玄のまた玄なる衆の妙なる門」による語で、
鎌倉時代禅宗で用いられた仏教用語で奥深い仏道への入口の意味だそうです。
意味を知ると余計に靴とか脱ぎ散らかしておいてはいけないような雰囲気になります。


3_3


従来の日本家屋の玄関の段差は50センチ位あり
途中に式台がありました。
この50センチという高さの理由は
お客様がお見えになったとき
家人は正座して迎え入れており
双方の目線の高さが同じくらいになるのが良いとされていたからです。

現在は、住宅のバリアフリー化が進み
段差をあまり付けない仕様が一般的となってきました。
当社の住宅の玄関の段差も15cmになっています。

4_2                                           アグレシオ上連雀



当社の住宅の特徴のひとつとしてあるのが《玄 関》です。
建売住宅では、狭い玄関が多いですが、
当社の玄関は、なるべく広く取り、そして広く見せる工夫をしています。

なにかと雑然となりがちな玄関も
シューズクロークを設けることで、
靴だけでなく傘立て、ベビーカーを収めることもできるようになり
清潔感のある空間にもなります。

5_2                                 イルピュアルト西永福



また、リモコンで施開錠できる玄関ドアを全戸標準採用にしております。
以前は、カード錠でしたが、
昨年から車と同じようにリモコンで扉を開くことができるようになりました。
そして、一般的には玄関を開錠するためには
カバンからカギやカードを出さなくてはならないのですが、
リモコンを持っていれば玄関扉のボタンを押すだけでも
玄関扉の施錠を開け閉めできます。

0609_dr_f4060a_4





0609_dr_f4043a_3


その他にも色々な工夫、仕様がある当社の玄関を是非、
モデルルームで体験してみてください。

お待ちしております。

« 2015年1月 1日 (木) | トップページ | 2015年1月20日 (火) »