フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ

ホームページリンク

« 近日公開物件 | トップページ | 解き放つ15邸 »

2013年5月28日 (火)

上質さと高機能をもつ家の構え

設計の山崎です。


2週間ぶりのブログとなりますが、いつの間にか梅雨入りの気配がして参りました。
その間『アグレ高井戸イルピュアルト』では大勢のお客様にご来場いただき、
大変賑わっていました。
おかげさまで『アグレ高井戸イルピュアルト』はお客様から高いご評価を頂き、
購入に向けて具体的にご検討いただいているお客様も増えています。
私も当社物件の良さをもっと知っていただこうと、
お客様のご案内やより細かいお打合せをしています。



その中で、マンションと戸建て住宅の両方をご検討されているお客様が
結構いらっしゃったのが印象的です。
マンションと比較されると、特に玄関のオートロックについてのご質問を
受けることがあります。


本日は、『アグレ高井戸イルピュアルト』で採用した
『エントリーシステム』についてご紹介をしたいと思います。


オートロックと聞くと人によってイメージするものがまちまちです。
マンションなどではエントランスに設置された機械に暗証番号を入力したり、
インターホンで通話して居住者に開けてもらうものをイメージする方が
多いのではないでしょうか。



そもそもオートロックとは、扉を閉めると「自動(auto)で施錠(lock)」される錠を指します。
戸建て住宅では、「オートロックを採用」と記載されている物件のほとんどが
リモコンやカードキー等により解錠し、
家の中に入って扉が閉まると自動的に施錠できる錠が
玄関ドアについていることを指しています。




Takaido39

門扉についている電気錠。
解錠用のボタンがついています。





『アグレ高井戸イルピュアルト』の『エントリーシステム』では、
門扉・玄関ドアの両方を同じリモコンキーで施解錠でき、
さらにリモコンキーをもっていれば自動で解錠する設定への変更が可能な
オートロック式の玄関・門扉を採用しています。
(もちろん、門扉と玄関ドアを別々のリモコンにすることも可能です。)

Auto_lock_system2
カバンから鍵を出すことなく施解錠できます

設定できる施解錠方法
・リモコンによる施解錠
・ボタンを押して施解錠
・ノータッチ施解錠





ここまでは一般的にいうオートロックと同じかと思います。



それに加え、インターホンと玄関ドアを連動させているので
家の中からインターホンで施解錠ができるシステムを採用いたしました。
インターホンにはコードレスの子機が付いていますので、
家じゅうどこにいても来客を迎えることができ、その場で家に呼び込むことも
可能となります。


1



Auto_lock_system1
モニターに映った人物を確認
※インターホンを押すと8コマの連続静止画により録画されます。(最大50件、400枚)


     ↓

モニターの電気錠ボタンで施解錠。
わざわざ玄関まで鍵を開けに行かなくでも大丈夫です。




このようにマンションで採用されているようなハイグレードの
エントリーシステムを実現しました。
このことをお客様にご説明すると、現在マンションにお住いの方も
「セキュリティグレードや使い勝手の良さを
落とすことなく住めることが良い」と高くご評価して頂けています。



邸宅と呼ぶに相応しい住宅ならばともかく、
戸建ての分譲住宅で、このグレードのシステムを採用している
物件はほとんど見当たりません。


個別の門を構え、
そこに電子錠のついた門扉を通って玄関に至る。
このイルピュアルトならではの高級感を日々の暮らしの中で
感じていただきたいと思っております。




24

玄関までのアプローチの途中にある門扉。
門扉から先の外部空間はしっかりとプライベートを保てるようになります。




その他には、
当社では1階のすべての窓に防犯ガラスを採用しています。
玄関のセキュリティだけでなく、
窓等の開口部のセキュリティも高めております。
最近は防犯意識が高くなってきておりますので、
皆様に大変喜んでいただける装備の一つとなっております。


Glass

防犯ガラスの破壊実験
ひび割れはするが貫通はしていない




より安心してお住まいいただけるために、
またより質の高い暮らしにするために、
これからもテーマを掲げディティールにもこだわりをもって
商品をデザインしていきたいと思っております。

« 近日公開物件 | トップページ | 解き放つ15邸 »

◆2. 物件について◆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 近日公開物件 | トップページ | 解き放つ15邸 »